バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは、FX取引の一種(デリバティブ取引)です。

二者択一方式の投資

二者択一方式の投資

バイナリーオプションの具体的な取引方法は、数時間後(判定時刻)の為替レートが、あるレートより「高いか」「低いか」を予測するという、二者択一方式の取引方法です。

  • バイナリー(binary)=二進法
  • オプション(option)=オプション取引(権利を買う取引)

例えば、現在のドル円レートが100円の場合、「2時間後(判定時刻)に100円より高いか、低いか」を予測して取引し、予測どおりであればペイアウトされることになります。

この二者択一方式が多くの個人投資家に受け入れられており、現在では、多くのFX会社でこのバイナリーオプションのサービスが提供されています。

バイナリーオプションとFXってどう違うの?

  バイナリーオプション FX
必要最低資金 約50~1,000円 約4,000円(*1ドル=100円の場合)
ロスカット なし あり
1取引にかかる時間 2~3時間が一般的 数秒から数か月と自由
レバレッジ なし 最大25倍
利益 限定されている 制限がない
リスク 投資金額以上の損はない 制限がない

バイナリーオプションは、FXと比較すると、利益に限度があるものの、損失が投資金額よりも多くなることはないため低リスクであることが特徴的だといえます。

投資金額以上の損はないってどういうこと?

バイナリーオプションは、FXと比較

バイナリーオプションは、FXと比較

バイナリーオプションでは、結果が予測をはずれたとしても、損失額はチケット購入金額のみとなります。
つまり、FXのように購入した金額以上の損失を被ってしまうということはありません。

損失額はチケット購入金額のみ

損失額はチケット購入金額のみ

同じチャートの動きにおける、FXとバイナリーオプションの損失額を見てみましょう。
FXとバイナリーオプションでは損失に大きな差が見られます。
バイナリーオプションは損失がチケット購入金額に限定されている分、リスクマネージメントもしやすいため、心理的には始めやすいと言えるでしょう。

利益に関しては、予測どおりに相場が動いた場合のみ、チケット購入金額とペイアウト金額の差額が利益となります。

バイナリーオプションの自動売買ツールは利用しない

国内の優良業者で、バイナリーオプションの自動売買ツールを使えるところはほとんどありません。
また、原則として、FX会社ではそういったツールの使用を推奨していません。

インターネット上では多くの「勝率99%」「毎月30万円保証」などとうたった広告が散見されるものの、そういったものには手を出さない方が得策です。

「動かない相場」でもリターンが狙える

株式やFXなどの投資では、値動きの幅が損益の大きさに直結します。
たとえば、FXでは10銭動いたときよりも1円動いたときのほうが利益も損失も大きくなります。
逆に値動きがあまりない場合、損益の幅は小さくなります。
ところが、バイナリーオプションなら、たとえわずかな値動きであっても、「円高」「円安」になるだけで利益が確定され、リターンも狙えます。
条件がクリアされていれば、1Lotあたりのペイアウト額は一定のため値動きの幅によって払い戻しが少なくなることはありません。
また、ペイアウトされない場合の損失は支払った購入金額となります。