包茎をコンプレックスに感じるかどうか

Pocket

仮性、真性を含めて、包茎である事に対してコンプレックスを感じる人の割合はかなり高く、当事者である男性にとってはかなり重要な問題であると言えます。
また、包茎は性感染症のリスクを高める事にもつながります。
どのようなコンプレックスを感じるかに目を向けると、まず挙げられるのがにおいに対してです。
包皮が亀頭を覆った状態が長くなるので、尿や精液などが溜まりやすく、それが汚れとなりにおいの原因になります。
亀頭が露出している人に比べると入浴時の洗浄がしづらく、また菌が繁殖しやすい事から、鼻を突く様な異臭になるケースも。
パートナーとの性交渉の時に思いがけず相手からにおいについて言われたりすると、かなりの精神的ダメージになります。
また、包皮に覆われた亀頭は刺激に弱く、性交渉時に相手の性器や口内、手や器具などによる刺激によって、想像以上に早く射精に達してしまいます。
一般的に、早い、などと言われ、これもコンプレックスの原因になります。
さらに、包茎のままの男性器は、未熟、幼いなどのイメージと結びつく事も多く、それが人格そのものを表しているかの様に考えてしまう男性も多いです。
この様に、身体的、精神的な様々な要因から、包茎をコンプレックスに感じる人の割合はとても高いのです。