パートの需要もあり『薬剤師』

Pocket

薬剤師の需要はとても高いものです。

そのため、たとえパートの部類であっても、とても需要が高く、多くの薬剤師さんがパートでも仕事をしているケースがあります。

なぜ薬剤師のパートの需要が高いのか?というと、そもそも薬剤師になるためには、専門的な知識がとても必要となります。

おおよそ、学歴がとても高い人、例えば早稲田大学や東京大学など、高学歴な人、または国立大学でも、医学部や大学院に進む人を除き、大学生活は4年間です。

しかし、薬剤師の場合は、6年間の期間を学ぶ必要があり、そのため大変に専門的な知識と、そしてお金がとてもかかることから、実際になれる人が少ない、という問題などがあります。

これはニュースなどでも度々議論されていることで、この学歴格差などから、就職したくても経済的な理由で薬剤師になれない子供たちがたくさんいる、という議論となっています。

このような背景から、パートの薬剤師さんでも、時給は2000円前後と、とても高額な時給となっており、そのため子育てがひと段落したお母さんや、お子さんを育てながら一時的な時間を、仕事にあてている、パートの時間に使っている、このような方もとても多い仕事となっています。